TOEICを受検することの意味

2020年に東京オリンピック開催が決定したことにより、多くの年齢層で英語の必要性を感じる人が増えています。それに伴い、多くの英語教育企業で様々なキャンペーンを行い、集客に力を入れているのが、新聞・雑誌・コマーシャル等で伺えます。その英語の中でも王道の1つと言えば、全世界共通テストのTOEICでしょう。年に数回多くの受検生が会場まで足を運び、自分の英語力を試すテストです。リスニングからリーディング、語彙力まで英語に関する幅広い知識を求められます。まだ受けたことがない人はチャレンジしてみるのも1つの手段かもしれません。学生の人なら就職活動に、民間企業に勤めている人であれば、キャリアアップに最適な資格の1つと言えるでしょう。今後ますますグローバル化が求められる今日。世界で活躍する場を広げるためにも、英語力は避けて通れないでしょう。是非英語のスキルがある証であるTOEICを受けてみてはいかがでしょうか。

TOEICは就活に役立つ

英語ができるかできないかは学生にかかわる問題ではありません。この世の中英語が話せる人ほど有利なのは言うまでもありません。あえて言うなら就活に役立つからです。TOEICはもはや誰もが知っている検定で、簡単な英単語から英文の読解力まで自分がどの程度の英語が理解できているのかを点数化する試験です。これは試験ではありますが、合否があるのではなく全て点数で割り出されるだけのものです。最近の職場の採用試験ではこのTOEICが何点以上持っている人に受験資格があると決めている会社があるほどです。それほど英語が必要な世の中になっているということです。たしかに英語が話せれば海外に出て働くことも可能ですし、さらには上司から英語圏で勉強してきなさいと指示を受ける時にも有利です。趣味として高得点を狙うのも楽しい試験なので、TOEICを受けてみるのもいつかのためにつながると考えます。

今の社会とTOEICについて

今の社会では日本人の英語をしゃべれることが必要になってきます。有名な会社は、国際的に活躍しているようなところも多く、仕事の都合上海外で働く可能性もとても高いのです。そのような会社で活躍したいと考えている人たちは、英語を話す力読む力を身につけなければいけません。これは中学校高校大学などで教わるような英語だけではなく、もっと実践的な高いレベルの英語力が必要とされます。そのような英語の力を図るためのテストとしてTOEICと言うものがあります。最近ではこのTOEICの成績によって自らの英語の能力を表すことができます。就職活動の際などにも、自らのTOEICの点数を記入することができるほどです。今の国際的に活躍できるような時代に合わせて、日本人が英語力を身につける事はとても大事なことだと考えられています。