TOEICというテストがあります

TOEICというテストがあります。英語力を測る試験ではあるのですが、ビジネス英語が多いです。要するにビジネスマンが受けることが多い、ということです。もちろん、学生も受けていることがありますし、それはそれで価値があります。就職なんかのときにアピールできることは確かですから、基本的にはお勧めできる試験ではあります。TOEICは、集中力と反応速度が意外と重要になります。要するに質問が出てくるスピードが早い、ということです。判定項目は二つです。それは、リスニングとリーディングであり、200問になります。2時間の試験であり、語彙数は9000語程度です。それ以内で出来るようになっています。但し、それでもテストごとに難易度が違っている事もありますから、何度も受ける人が多いです。合格不合格ではなく、点数で判断されます。

TOEICというのは

TOEICというのは、英語の試験なのですが、ややビジネスに偏重していることが多いです。つまりは、ビジネス英語に強い、ということです。ですから、社会人の人が取ることが多い試験になっています。取る、といっても、合格した、不合格になった、ということではなく、何点であったのか、と言うことが大事になります。これは英語の試験ではよくあることであり、級でわかれているのではなく、何点取ることができたのか、ということが一つの指標になるのです。国際的な試験ではあるのですが、大学ではもう一つの試験のほうが人気があります。そちらのほうが留学のときなどに使うことができるからです。しかし、TOEICも決して悪いわけではなく、十分に挑戦して見る価値はあります。語彙は10000程度です。9000もあれば、かなりよい点数が取れます。

TOEICで目指すべき点数

TOEICは990点満点ですが、もちろん満点などは出さなくても大丈夫です。概ね日本企業で必要とされているスコアは600点以上であって、このラインをクリアしているのなら履歴書にも書けますし、査定でプラスになることでしょう。もちろん、もっと上を目指して行ければいいのですが、大学在学中にやろうと思えば600点あたりがボーダーになることは自然です。700点以上あればかなり自慢できますし、就職にもだいぶ有利になります。できるだけ対策を考えて、高得点を狙えるように努力するのがいいです。スピーキングがないテストですから、頑張れば日本人でも高得点を叩き出すことは可能です。一度取得した点数はその後ずっと履歴書に書いておくことができるので、一度ぐらいは本気で頑張ってみるのもいいでしょう。受験には5000円程度かかりますから、一発で決めたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*